やさしい税務解説

会社の状態を示す経営指標

取引先が成長基調にあれば深耕のチャンス。逆に経営が危なければ取引を中止・縮小していく必要がある。決算書を手に入れることができれば、「会社の状態」が把握できる(目安は一例。業種・業態によって異なる)。

(1)自己資本比率

総資本のなかに占める自己資本の割合を示す。一般的に、この数値が高いほど借金への依存度が低く、お金の集め方が健全といえる。

自己資本比率 自己資本 × 100(%)    ・目安=50%以上
総資本
(2)固定比率

設備投資が返済のいらない自己資本でまかなわれているかどうかを示す。

固定比率 固定資産 × 100(%)    ・目安=100%以下
自己資本
(3)固定長期適合率

固定資産への投資が長期的負債と自己資本の範囲内でまかなわれているかどうかを示す。

固定長期適合率 固定資産 × 100(%)    ・目安=80%以下
自己資本+固定負債
(4)流動比率

短期的な負債を返済しても手元に残るだけの流動資産があるかどうかで、会社の安全性(資金繰りに余裕があるかどうか)を判断できる。

流動比率 流動資産 × 100(%)    ・目安=150%以上
流動負債
(5)当座比率

換金性の高い当座資産で緊急時の短期的な負債を返済できるかどうかを示す。

当座比率 当座資産 × 100(%)    ・目安=100%以上
流動負債
(6)総資本回転率

経営活動のために使われた資金が、年間に何回転して、売上として回収されたか(ビジネスの効率)を示す。

総資本回転率 売上高 (回)    ・目安=2回以上
総資本
(7)売上債権回転率

売上債権(受取手形や売掛金)は早く現金化することが望ましい。売上に占める売上債権が年間何回転するかによって、適正かどうかを示す。

売上債権回転率 売上高 (回)    ・目安=6回以上
売上債権
(8)固定資産回転率

固定資産の利用度や投資効果を示す。低すぎると過剰投資だが、高すぎるのも投資効率に問題がある。

固定資産回転率 売上高 (回)    ・目安=2.5回以上(製造業)
固定資産
(9)総資本経常利益率 [ROA]

会社全体の活動でどれだけ利益をあげられたかを示す。

総資本経常利益率 経常利益 × 100(%)    ・目安=5%以上
総資本
(10)自己資本利益率 [ROE]

自己資本を使ってどれだけ利益をあげられたかを示す。

自己資本利益率 当期純利益 × 100(%)    ・目安=10%以上
自己資本
(11)売上高営業利益率

本業である営業活動が有効に行なわれ、利益が出ているかどうかを示す。

売上高営業利益率 営業利益 × 100(%)    ・目安=5%以上(製造業)
売上高

本頁は、2017年8月末日現在の法令等に基づいています。

鈴木伸治公認会計士・税理士事務所/税理士 岡崎/岡崎市 税理士

  • 事務所概要
  • 所長プロフィール
  • 業務案内
  • 決算診断コンサルティング
  • ご契約までの流れ
  • 報酬料金
  • やさしい税務解説
  • 岡崎市 会計士 鈴木伸治公認会計士・税理士事務所